外壁塗装 横浜曽根塗装店

塗替え物語2

サイディング外壁塗装 写真日記

 


2010年初編「実録塗替物語」の施工から,早くも9年半が過ぎました。
前回,着工して間もなく40歳の誕生日を迎えた私は来年50歳になります。
また,9年半の間にメンバーも替わりました。

今 読み返すと,自身の未熟さに我ながら呆れる部分が少なくありません。
今回の記録も,また年月が過ぎて読み返したら,また呆れることになるのかもしれませんけれども。

 

さて,2010年10月,S様より,再び外壁塗装見積りご依頼のメールをいただきました。

建物の状況は数年ごとのチェックで把握していましたから,見積書を作成すること自体はお伺いしなくても可能なのですが
作業内容や塗料の変更により,価格がかなり変わってしまっていることもあって,とりあえずお伺いしたい旨,返信しました。

しかし,S様が多忙のため,

 > ミーティング無で見積もりをお願いできませんか?

概算で結構です,との返信。
数回のメールのやりとりの末,結局,見積書無しでご発注が確定してから 打合せのためにお伺いしました。
これは,初めて依頼される方だったら,まず有り得ない展開です。

 

そして,12日(金)にお伺いしました。

そう,夜なんです。(19時〜)

そして,メールにて前振りされていた

 > イメージは、Tommy Hilfiger です。

のお財布と紙袋が提示されました。

この3色を建物に使いたいと言われても,私には ちょっと想像がつきません。
ところが,S様の奥方は立図面のコピーに,外壁色の塗り分けのラインをテキパキと書き込むのでした。

 

というわけで,次回に続きます。

 


[ 2010.11.18 03:30 記 ]
[次のページ →]

 

 

     目次
 
 
  • [01]2010.11.18(木) 着工・足場取付

 


 

 

区切線
 
区切線
無断転載禁止
《 外壁塗装 塗替え 建築塗装  曽根塗装店  神奈川県横浜市 》